読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

〇〇は素晴らしい

アイドルが好き。アイドルグループの曲が好き。とくに関西弁をしゃべるジャニーズアイドルが好き。

『Are You Happy?』を聴きました

 

このたび、ありがたいことにアルバムを貸していただくことができまして。朝起きてまず嵐!通学中も嵐!空きコマも嵐!帰宅中も嵐!お風呂に入りながら嵐!寝る前にとどめの嵐!という感じで、嵐ざんまいのハッピーライフを送っています。

 

今週末に、アルバムを貸してくれたお友達さま(櫻井担)とご飯に行くので、そのときにアルバムの感想をちゃんと伝えたい…!という目的のために、一回私のこの感動やら感想やら思いの丈やらを書き出しておこうということで、本日のブログに至ります。

 

 

 『Are You Happy?』にふれる前に、軽く「私にとって嵐とは?」ということを考えてみます。

 

私は95年生まれの21歳なんですが、嵐にどっぷり一度ハマったことがあります。たしか中学生の頃。学校で爆裂的に嵐が大流行しまして。まんまと乗っかったわけです。ちょうど放送されていた嵐の宿題くんひみつの嵐ちゃんを見倒し、翌日は「昨日の宿題くん見た?」「ダブルパーカー見た?」でもちきり!なつかしいフィーバーの時期。それからも、とくに現場に行ったりCDを買ったりしてたわけではありませんが、ドラマはほぼほぼ見て、歌番組も見て、という感じ。

中高というと、6、7年くらい前になるのでしょうか?その頃からずっと最前線をどんどん突き進んでいるイメージ。私は、ドラマや映画にたくさん出たり、賞をとったり、CMがバンバン決まったり、なんやらのイメージキャラクターを務めたり、司会をしたりといった華やかな一面しかみていないので、もちろん苦労や困難もあるかと思います。でも、それでもやっぱり、これだけ一般にも知名度があって、もちろんファンも多くて、というのは嵐ゆえにというか。本当にステキなグループだと思います。

 

とくに「嵐の曲」には思い入れが強いほうでして(アルバム借りてパソコンにぶちこんでお気に入りの曲しか聞かねーくせに、思い入れなんて語るんじゃねぇよ!!!)。

やっぱり、ドラマや映画の主演を務めることが多いと、当然の如く主題歌は決まる。そう、この主題歌。主題歌が強い。

例えば、松潤花男の主題歌はもちろん嵐が担当してます。ただ、主題歌を担当しているのがポイントではなくて「主役を張っている松潤に最高のソロがある!」というのがポイント。そういうもんなんですけどね主題歌とは。でも嵐の場合って顕著なように感じます。

私が好きなのは、ほかにもいろいろあるんですけど、『プラチナデータ』の主題歌である『Breathless』の二宮さんソロ!「♪体中叫んでる〜」のソロが好きです。挙げだしたらキリがないので1つで我慢。

やっぱり歌唱力からメインボーカルは大野さんのイメージがあります。でも、ドラマや映画のお仕事ががそれほど偏りなく満遍なくぐるぐる回っているので、ちょうどいいペースで「翔くんセンター、翔くんの曲!」「相葉くんセンター、相葉くんの曲!」……というふうに順繰りでヒットしているように感じます。

そのせいか、未だに嵐のセンターが誰なのかわからない。センターは誰、っていうのがハッキリしているジャニーズグループは多いですが、嵐だけは横並びの印象。実際のところどうなんでしょう。ご飯のときに聞けるといいな…。

 

 

う…ここまでが長い…あまりにも長すぎる。さ、気を取り直してタッといきましょう!そう、今回の目的はあくまで『Are You Happy?』です。全曲いろいろポイントはありますが、最後まで精神力集中力語彙力がもちそうにないので、とくにビビッときた何曲かだけピックアップします。

 

全体を通しては、ここ最近の大人っぽさが抑えられて、遊び心のある曲や可愛い曲、前向きな曲が多いかな?という感じで、最初一通り聴き終えてから「嵐っぽくない……?」と首をかしげるような違和感。でも何度か聴いていると「は〜〜〜嵐じゃん……めっちゃ嵐……チョウカッコイイ」となるので嵐マジックすごい。

 

ちなみに三浦家康・小瀧望効果により『I seek』は格別に依怙贔屓をしているので、とりあえずシングル曲以外では、以下の3曲がポイントが非常に高かったです。再生回数ぶっとびです。

 

 『青春ブギ』『Amore』

『また今日と同じ明日が来る』

 

ソロ曲が2曲もランクインしております。でもこれは珍しいことではなく、アルバムに収録されるソロ曲大好き人間なので、アルバムを借りるとソロ曲のほうが再生回数がぐんぐん伸びます。前例として、ディスコスター様とか、楽園とか、マジカルソングとか。総じてここ最近の相葉くんソロにはハズレなし!ということで。

 

櫻井担のお友達から「誰がどの曲をプロデュースしたのか一覧」を手紙に添えてもらったりして、ニヤニヤしながら聴いています。ここらへんを詳しくご飯のときに伺おう。

 

 

そんななかでも格段にビビっときたのが『青春ブギ』!!Twitterで「学ランで学帽でしゃかりきに男らしく踊ってほしい」とつぶやいたところ、本当に学ランだったとか。嬉しいね。多分ブルーレイ買います。

嵐っぽくないというか、ネタ枠…?のような印象を受けました。関ジャニ∞はこういうのすぐやるんですけど。最初聴いたときには「なにこれめっちゃ太鼓の音聴こえる〜!!!!」

メンバーそれぞれが別の女の子に片想いをしていて、みんなが恋にもがき苦しみながらも、男子高校生らしく、熱い友情もありつつ、ラスサビでみんなで夕焼けのグラウンドで踊ってる……みたいなPVを妄想しています。(曲のバックグラウンドをまったく知らないので、もしみんなが1人の女の子に恋をしていてライバル、みたいなストーリーだったらどうしよう!)

謡曲っぽさもありながら、熱い漢!って感じで、落ち着いた嵐の歌声がマッチしてますよね。ハマりも絶妙。情緒たっぷりな歌い方。これぞ私の大好きな嵐。

サビ前の「♪貴方の笑顔が優しい声も〜」のタタタタっと駆け抜けるところめっちゃ最高じゃないですか????私はいつもここで息をのみます。か〜ら〜の〜「Ha〜もう一回」!!!!!ここの、切ないけど強い、なんとも言えない歌声が…やばいのなんの…!曲の構成も満点でこれは絶対盛り上がる。ブルーレイ買います(何度でも言う)。

 

 

まとまりが悪いですが、はなからまとめる気もないですし、もうなにを書いても結局「嵐はいいぞ」の一言に集約されてしまうので、そろそろ締めに。

 

明後日にご飯を食べに行くのが本当に楽しみで、実は櫻井担のお友達に、関ジャニ∞ジャニーズWESTのDVDを押し付けているので、ご飯を食べるっていう口実で本当は意見交流会なんです。うふふ。

NOTジャニオタの友達に、DVDを受け渡ししているところを見られてて「また布教してる(笑)」って野次られた?のに対して、「ちがう!異文化交流!」って返したことを思い出しました。異文化交流(笑)なるほど。

 

 

では、またご飯会と言う名の意見交流会の感想を書けたら、いいなぁ…………。

 

 

 

続・非ジャニオタの友達に勝手にCDを作った話


※前回の続きになっています!



選曲について書いていたらあまりにも長くなってしまったので、ここから続きを。


それぞれのグループごとに「コレだけは外せなかった!」という一曲に限定して、選曲理由なんかをまとめたいと思います。


◎Hey!Say!JUMP「愛よ、僕を導いてゆけ」

私がHey!Say!JUMPで一番好きな曲。二番の歌詞「愛されたいわけじゃない、君の全てを愛していたい」がグッとくる。カワイイ系、わちゃわちゃ系の曲と、カッコいい系、しっとり系の曲の両極端!というイメージを持っていて、私はカッコいい系、しっとり系の曲が好きです。振り幅が広い。


ジャニーズWEST「Criminal」

5曲のラインナップ、すべて関西色の無いものをチョイスしました。Mちゃんはズンドコズンドコを見たことがあるので、関西コテコテなんやな〜というイメージを持ってるかもしれない、でもカッコいいのもあるんだよ、というのを押すために選びました。「ええじゃないか」「ズンドコパラダイス」「粉もん」等の関西コテコテ曲と、「ジャニーズWESTこんな曲もあるの?」っていうカッコいい曲の振り幅。どちらに偏ることもなく、絶妙なバランスでこれからも進んでほしい。それから、少クラでこの曲を見て「小瀧くん……」ってなったので、そのときの気持ちを大事にしつつ(でも狭愛三部作のなかでは「Can′t stop」が好きです)。


◎NEWS「フルスイング」

手越くん推しのMちゃんに、手越くんの歌声を聞いてもらいたくて。NEWSのあれやこれやに興味はありつつも詳しくないので、軽々しく「フルスイング」を推すのにためらいつつ、でも何も事情を知らなくても「いい歌だね」って素直に感想が出そうだな〜と思い、選曲しました。


◎嵐「kagero」

サウンドがMちゃん好みかな〜と。ピアノの音が心地いい。嵐の歌声は、5人それぞれ特徴的で聞き分けもしやすく、でもユニゾン部分はまとまりがある、そして曲の完成度が高い。今回選んだ「FUNKY」、漏れましたが「Breathless」「Endless Game」「movin′on」なんかの、大人っぽい辛口な路線の曲が上手い。


関ジャニ∞「象」

関ジャニズム』のDVDを見たときに、Mちゃんにこれなんて曲?って聞かれたので入れました。やすばのメインボーカルで、ガツーンとくる曲。個人的に、二番の大倉くんソロパートが好きです。



選曲についてザックリとまとめたところで、CD製作についてパパッと!


WordのテンプレートにCDジャケットがあったので、それにぽいぽい文字を打ち込んでジャッと完成させました。イラスト屋さんに可愛いアイドルのイラストがあったのでお借りして、完成。完全に嵐を彷彿とさせる仕上がり。いろいろなイラストがあって、見ているだけで楽しかったです。


裏面のリストには、曲名とグループ名を入れました。色分けしているのは、アイドル育成ゲームやら音ゲームやらをプレイしている人はおわかりかと思いますが、「アイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージ」を参考にして分けています。なんとなく、可愛い系はピンク、元気が出るもの王道アイドルソングならオレンジ、カッコいい系やしっとりした曲は青に色分け。Mちゃん向けにわかりやすくしました。悩みましたし、これでいいのか?と思っているものもいくつか。


ちなみに、完成したCDがこちら。f:id:hatehatekansai:20160915155248j:plain

f:id:hatehatekansai:20160915155329j:plain

クオリティには目をつむってください。センスない人間の限界。でもかわいい。嵐みたい。空のCDがショボすぎて、CDケースの後ろに差込めなかったので、切って貼りました。Mちゃんにジャニーズ沼に落ちてほしいわけではなく、ただ「へ〜いい曲あるんだね」と思いながら聞いてくれれば、という期待をこめて。


CDを作ってみた話は以上でおしまいです。Mちゃんから感想が届けば、お伝えするかもしれません。ここまで読んでいただき、ありがとうございました。


非ジャニオタの友達にCDを勝手に作った話


TSUTAYAでレンタルした『DEAR.』をiTunes に取り込み、「Masquerade」を聞きながらプレイリストを編集しているときにふと思ったこと……好きな曲だけ集めたCDを作ればいいのでは?


いつも、新曲が出る→買う(レンタルする)→iTunesに取り込む→新曲だけのプレイリストを作る→聞く→泣く……というサイクルを繰り返しているので、プレイリストは作って消して作って消してが当たり前。外出するときの長時間移動のためや、勉強する前、寝る前等に好きな曲だけザッと集めたプレイリストを作ったりすることもありますが、それも気分で作って消してをするので、入れ替わりが激しい。


そこで考えたのが、自分がこの時期に何が好きだったのかをすぐに思い出せるCDを残しておこう、ということ。それからもう1つは、もしパソコンがダメになってもCDを残しておけば好きな曲だけはなんとか引き継げるんじゃないか?!という保険的な意味。


じゃあ作ってやろうじゃないか!と勢いに任せプレイリストを作ってみました。まず、ジャニーズWESTから選曲。「アレも好き〜コレも好き〜」とぽいぽい放り込んだ結果導き出されたのは「全部好きすぎて選びきれない」という答え……削れる曲が全然ない恐ろしさ……。良曲が多く、自分の好みにパッキリハマる曲が多いことを改めて実感。すごい。ジャニーズWESTはすごい。


その後、関ジャニ∞、嵐、Hey!Say!JUMP、NEWS等の選考も同様に難航し、こりゃ無理だ……と白旗を上げようとしたときに思い出した、非ジャニオタの友達にHey!Say!JUMPの曲をいくつか勧めた記憶。「自分が好きな曲」という条件だけで選曲すると全然絞れないのなら、「非ジャニオタに自信を持って勧められる曲」という条件を加えれば少しは絞りやすくなるのでは?という前向きな気持ちを抱きながら再度挑戦。友達がHey!Say!JUMPの山田くん有岡くんが気になっているっぽい情報を得ていたので、それを念頭に置きながら、今回はHey!Say!JUMPを中心に(それでもやっぱり関ジャニ∞ジャニーズWESTを少しガッツリめに入れながら)プレイリストを作り、CDにしました。


ディスクの容量的な問題もあって、2枚に収まるよう、唇を噛み締めながら選曲。Hey!Say!JUMPとジャニーズWESTは各6曲、NEWSは3曲、嵐も3曲、関ジャニ∞は5曲をチョイス。だいぶ削りました。


選曲の基準を考えるにあたり、まず友達のご説明から。その友達に、このブログのURLを教えてるので、読んでくれているかもしれない。ごめんね、勝手に登場させて。


友達(以下Mちゃん)は、大学で初めて知り合った友達で、一回生の頃から仲良くしてもらっています。ちなみに今三回生です。Mちゃんは、非ジャニオタなんですが、大きな特番の音楽番組(最近だったら、FNSうたの夏まつり)等で、ジャニーズを見てくれる、そんな人。私の勝手な憶測ですが、彼女は「ジャニーズならHey!Say!JUMPが好き」と思っている(はず)。また、前に一度、それほど説明もしないままに『関ジャニズム』のDVDを飛ばし飛ばしで見てもらったときには、一番の推しは大倉くんであるような発言をしていた。そう、彼女はおそらくビジュアル重視型。大倉くんかっこいいよね。すごくわかる。それからMちゃんは二次元大好きである。私も二次元とジャニーズを行ったり来たりする。幅広くいろいろ手を出してらっしゃるイメージがあるが、そんななかでも「アイドルもの」に傾倒している(多分)。最近アイドルもの自体の数も多いし、ジャンルとしてとてもHOTでもある。アイドルが好きなMちゃんは、最近では乃木坂46欅坂46にも興味を持ち始めており、アイドルライフを満喫しているようだ。それから、若手俳優さんも好きで、舞台に行ったり、テニミュを見に行っていたりするので、そういうところからも、このMちゃんはジャニーズに抵抗のないタイプのお方。


長くなってしまったが、このいろんな趣味をお持ちのMちゃんにCDを渡すにあたり、いくつか基準を考えた。

◎メジャーな曲も入れつつ、極力アルバム収録曲を多めに

◎アイドル感の強い曲を入れる

◎なんとなく持っているイメージを覆すような曲を入れる

大きなものはこの3つ。それから、なにより、私がよく聞く好きな曲。このあたりの基準で選びました。


選曲したの

f:id:hatehatekansai:20160914215745j:plainf:id:hatehatekansai:20160914215811j:plain

以上の曲。選考基準的に、アイドルらしい曲とメジャー曲が被っています。(アイドルらしい曲がシングルになるのは当然といえば当然…?)

アイドル枠!を意識して入れたのは、「ウィークエンダー」「キミアトラクション」「逆転Winner」「さくらガール」あたり。知らない曲が多すぎるとしんどいかなぁ、とも思ったので。

そして、あえて嵐からはがっつり知らないであろう曲をチョイス。嵐のアルバムは『5×10 』だけ家にありますが、最近の曲めっちゃ好きです。純粋にかっこいい。アニソン的な歌が多い。「Calling」とかアニオタうけめっちゃいいと思います。





選曲でだいぶ長くなってしまったので、CD作った話の続きは、また後ほど書きます〜!長々と、ここまで読んでいただいた方、本当にありがとうございます!!



口パクか、生歌か


「口からCD音源」なんて言葉もありますが、CDに収録されている歌声がナンバーワンであり正解であるとは限らない、と思うわけです。音楽番組で口パクをすればやいやい言われることもある。でも私は、口パクがダメだとは思わないし、生歌でなければならないとも思いません。


なぜいきなりこの件について書こうと思ったかというと、先日の少年倶楽部in大阪のジャニーズWESTの「PARTY MANIACS」があまりにもかっこよかったからです。


口パクのお話をする前に、in大阪のパリマニについての感想を少し……で済むのかどうかはわかりませんが。


これまでに2度少クラで披露されていますが、今回のパリマニが私的に一番グッッッときました。毎回のことですが、冒頭の神ちゃんの「Yo come dance with me...〜to the night...」は最高がすぎる。そして個人的に、パリマニは「7人全員に大きな見せ場がある曲」になっているような気がします。そんななかでも特に「見せ場感」が強いのが神山桐山藤井の御三方!in大阪の藤井流星さんに関しては、全世界でもうすでに5万回くらい「ヤバい」って言われてると思います。

(藤井担では無いですが、グループに藤井流星という人がいてくれるおかげで、魅力に幅がでてるな〜と思います。ビジュアル面にしても歌にしてもダンスにしてもトークにしてもキャラにしても。)

同じ曲を何度も披露してもらえると、成長が読み取りやすいというか、歌がどうなったか、ダンスがどうなったかがわかりやすい。カメラワークや衣装にも左右されたりするかもしれませんが。「ダンスが難しい」とパリピポのメイキングでもさんざん言われていたように、素人目から見ても「死ぬほどかっこいいけど死ぬほど難しそう」と思います。そんな曲で見せられたちょっとした余裕感というか、こなれた感というか、に「大きくなったな〜」という、私の心のなかのババアの声が漏れざるを得ない。


そこで歌の話に移ります。歌、そう歌なんです。in大阪のパリマニは口パクか生歌か。うだうだ悩んでしまっているので、誰かはっきり教えてください…。いくつかのポイントから「おそらく……生歌であろう、もしくは生歌強めの被せ!」という判断をしたので、以下は「in大阪のパリマニは生歌か被せ」という前提ですすめます。

いくつかのポイントは以下の通りです。

f:id:hatehatekansai:20160912222622j:plain

最後に挙げている、濱ちゃんのインカムを直す仕草というのは、激しいダンスではない部分で行われていたので、歌を歌う上で必要な仕草だったのでは?という結論に至ったからです。口パクを合わせるため、とも考えられますが。でも、一番大きな決め手は3番目に挙げた「のんちゃんの遅れ」です。もしかしたら気になった方もいらっしゃるのでは?音程を外すことに次いで生歌っぽさがあると思います。個人的に。

生歌の決め手に神ちゃん、しげ、流星、淳太くんの名前がありませんが、みんな生歌か被せだと思います。神ちゃんに至っては、最初から一貫して声量がすごいし、安定してるし、そしてなにより表情と歌声が一致しているな〜という印象を受けました。表情と歌声が一致してたのはしげも流星も。

ただ、淳太くんに関しては、く、口パクかな?という判断をしました。グループのなかで一番クセがない声質で、クセがない歌い方をする淳太くん。非常に耳ざわりのいい御声なんですが、それが仇となってか、私にはどうしても口パクに聞こえてしまうんです。淳太くんだけ完全に口パク…なのか…?


淳太くんは口パクなのか?という疑問が浮上したところで、本題に。

はじめに、私は口パク容認派です。口パクをすることについてどうこう言われることに対して、私は「別に口パクでもええじゃないか」という意見です。


https://twitter.com/tmys_sub/status/774237844877357057

https://twitter.com/tmys_sub/status/774238298696921088


口パクに関してTwitterで呟いた記録がありました。何をきっかけにこのツイートをしたのかまったく記憶にないのですが…。日付的にきっとin大阪起因なんだろうな〜。


アイドルのパフォーマンスで一番大事なのは歌唱力ではない、という気持ちをもってジャニーズWESTであったり、他のグループを見ているので、生歌であること、また生歌で歌がうまいことは必ずしも求めていません。

極論として、生歌に力を注ぎすぎるが故にダンスがおざなりになる、顔が必死になる、なんてことが一番嫌なんです。大きな特番の音楽番組で無理して生歌にして大事故!みたいな展開は避けてほしいです。ファンなら別になんとも思いませんし、生歌〜♡となっても、ファンではない人が見たら「お?」となるのは至極当然ではないでしょうか。

アイドルのパフォーマンスとは、歌関連だけではなく、ドラマであったり舞台であったりバラエティーであったりラジオであったり雑誌のインタビューや写真、他にもたくさんの場面がぜーーーーんぶ込み込みになって初めて成り立つものだと思っています。

アイドルだから歌が歌えてダンスが踊れてカメラをバチッと見られてかっこよくて(可愛くて)当然、そんなこと求めていません。

歌がうまいのも、ダンスがうまいのも、ビジュアルがズバ抜けているのも、喋れるのも、ぜんぶ持ち味でぜんぶ武器でぜんぶ個性でぜんぶ愛おしいところであって、欠けているからダメなんてことはないんです。「できないところ」も含めて好きなんです。

元気でいてくれる、笑っていてくれる、やりたいことができている、やりたいことができるように頑張っている、そんな姿を見れるだけで幸せです。



も〜〜〜〜〜〜〜〜〜驚くほどに最後何を言ってるのかまったく理解ができませんが、in大阪を見て思ったこと、これにておしまいです!

長々とダラダラと書いてしまいましたが、ここまで読んでいただきありがとうございました。



好きな曲をザザッと!


たま〜に「好きな曲ってなんなんやろう…」と思ってソートをするんですが、正直その時々のテンションとか気分によるのが現実…今回はそういうのをナシにして、本当に好きな曲について書いてみようと思います。


私の好きな曲の傾向として、

◽︎バラード<アップテンポ

◽︎フェイクが入ってる

◽︎ハモり部分が多い

◽︎(グループに限り)明らかにメインがいて、ソロパートがガッツリある

◽︎ラスサビで転調

◽︎サビの前に一度シーンとなる

◽︎AメロBメロサビ、曲の構成がわかりやすい

◽︎オク下のハモりがある(これは間違いなく大倉忠義さんの影響)

このあたりがあります(自分で書きながらよくわからないこと極まりない)。書き起こしてみたものの、実際全部あてはまってるわけではなく、好きなものは好き!そんなに好きじゃない!は反射のように判断してます。イントロ切りするので、「この曲はそんなに好きじゃないかも、ハマらんな〜」と思ってても、シャッフル再生で流れた時に「え!!この曲こんなにいい曲やったん!?」ってなることが頻繁にあります。本当に後悔の日々。




本題に入りまして、再生回数が多い、または最近よく聞く曲を取り込んでソートした結果がこちら!

f:id:hatehatekansai:20160816111948j:plain

やり終えてから気づく「あっ、〇〇入れ忘れた…」現象。今回は盛大に「Can′t stop」を入れ忘れました。かなり好きなので24位以内には入るのは間違いないです。


そして新曲を聞きすぎてることだけはわかる。朝イチに洗面所で「人生は素晴らしい」を聞いて、無理やりにでも爽やかな朝を演出していることの影響でしょうね。


とりあえず、この中からいくつか書いてみようと思います。書きやすいものから。


そしてその前に、簡単にカテゴリー分けしてみたバージョンを。f:id:hatehatekansai:20160816114641j:plain

◎→バリッバリカッコいい系

★→キラッキラ王道アイドル曲

▲→しっとりバラード

あくまで主観です!印をつけていないものは「THE ジャニーズWEST」な曲であったりします(「キミコイ」はカッコいい系に入れてもよかったなぁと思いつつ、でも歌詞とかダンスには可愛さが溢れてるので悩みどころ……「Can′t stop」は言わずもがなカッコいい系に分類されます)。


総評として、まぁわかりやすい。上位がほとんど◎(バリッバリカッコいい系)です。「ええじゃないか」「ズンドコパラダイス」の次に知った曲が「Criminal」で、それをきっかけに「ジャニーズWESTめっちゃかっこいいやん……なにこれ……」ってなったことは何となく覚えてるので、いまでもその姿勢は変わってないようです。

それから関ジャニ∞と比べるわけではないんですが、関ジャニ∞はカッコいい系よりも、「THE 関ジャニ∞」なわちゃわちゃした曲とバラードが好きなので、全然見方が違うんだなーと。



個別に書くのは以下の曲です。

◎CHO-EXTACY

★人生は素晴らしい

◎Criminal

★100% I Love You

▲君へのメロディー

書こうと思えば全曲書けるんですが、永遠とだらだら書くことになることが容易く予想されるので割・愛。



◎CHO-EXTACY

最近一番聞いてる曲。私的に、この曲の主軸は神ちゃんです。神ちゃんの歌声はクセがなくてスッと入ってくるし、メインパートもハモリもフェイクもそつなくこなしてしまう、ジャニーズWESTのとくに歌においては、神ちゃんの「欠かせない感」「安定感」は異常。それから、ジャニーズWESTはEDM得意ですよね。こういう曲をどんどん増やして欲しいという願望。個人的なツボは二番の「ナイトフラーイ」のところ。最高。



★人生は素晴らしい

さわやかな夏感溢れる一曲。歌割りから察するに、桐山くん神ちゃんが主軸…?王道キラキラアイドル曲で、メインパートはガッツリしげかな〜?とも思ってたんですが、そうでもなかった。二番はとくに濱ちゃんの歌唱力の高さがゴリゴリ前面に押し出されてます。ラスサビ前の「絶対のピンチか〜」「ど〜ん〜な〜」の掛け合いがすごく好き。とりあえず歌がうまい。



◎Criminal

少クラで初めてこの曲を知り、ダンスのところで国民的弟・小瀧望さんがバチーーーンとカメラを見据えてキメ顔をしたシーンを見てしまい、見事それがジャニーズWESTにおちるきっかけの一つとなりました。小瀧望〜〜〜!!!!!狂愛三部作と呼ばれているそうで、こういうストーリー性がある曲が好きです。誰のパートが多いのでしょうか。個人的にはこれは桐山くんの曲というイメージが強いです。



★100% I Love You

「べびあいらびゅーーーー」の出だしから、もう好き。最初聞いた時は「めちゃくちゃ可愛い曲だな〜!」「可愛いアイドルの曲キタな〜!」と思ってましたが、よくよく歌詞を見てみるとなかなかに問題ありありソングだった件!かなり危険な恋愛ソングだなーと!ふつうの片思いソングではないですよね?!二番になると急激に面舵いっぱい切る感じ…さすがや。でもそんな危なげな雰囲気も漂わせながらも、「照れ笑い春風もそっとキュンとしてる」というワンフレーズが可愛さ満点でとくに好きです。



▲君へのメロディー

これは私にとって「重岡大毅のドセンターバラード曲」です。しげの歌声がよく引き立てられてるというか、最高の一言に尽きます。一発めぇぇぇぇぇぇぇ!で淳太くんが着ていたみたいな白いもふもふ衣装、もしくは白タキシードで冬に歌ってほしい曲No.1です。(ちなみに…今回なぜか上位に入らなかった「SCARS」は黒スーツでお願いします。勝手に「君へのメロディー」と「SCARS」を対極に位置付けています。)




だらっだら書いてみましたが、曲の印象とか聞くたびに変わりますからね!ご愛嬌ですよ。

私個人的には「ええじゃないか」「ズンドコパラダイス」「粉もん」系統と、そうじゃない曲(カッコいい系であったり)の振り幅というか、いろいろできることが強みなのでは?と思っています。

「逆転Winner」がリリースされたときに「シングルでこういう感じの曲を出す方針なのか、これは人気出るぞ」と思いましたし、実際ますます人気出てるでしょ!!!!こわい!!事務所からも推されお仕事順調絶好調なジャニーズWESTさん!!…………ちなみに会員証はまだですか!?



はじめに


ノートに記録をつけてたのですが、あまりに字が汚くて読めなかったので、今後ははてなブログさんに記録していこうと決心しました!


こんなにもどハマりしてしまうとは自分でも思ってなかったのですが、ジャニーズWESTさんに心を奪われました!すごいね、なんか、いろいろ考えてみても、やっぱり「すごいグループだなぁ」としか言えない。語彙力が無いに等しい身の上ではありますが、自分の中で整理したい部分が多くあるので、つらつら書いていきます。



もともと関ジャニ∞が好きで、ジャニ勉は高校生くらいからずっっっと見てました。どうしても勇気がなくてFCには入れなかったり(先日めでたく入会しましたが!)、とてもじゃないけどコンサートなんて…!みたいな、キラキラ輝く姿を遠いところから見て応援していた感じでした。


何がきっかけなのかは本当に思い出せないんですけど、唐突にジャニーズWESTというのがポン!と頭に入り込んできて、はじめは本当に知ってる人もあまりいなくて、「ええじゃないかええじゃないかの人たち」「ズンズンドコズンズンドコの人たち」というイメージしかありませんでした。

本当になぜなのかわからない、思い出せないんですが、衝撃を受けました。


何かにハマるときの初速度というか、勢いがすごいタイプなので、「わ!すごい!めっちゃキラキラしてる!好き!」の勢いのままに落ちていきました。


前から存在を知っていたのは、ごくせんに出ていた桐山くん中間くん。ごくせん好きなんです。それ以外のメンバーは正直な話全然知らなくて、めっちゃにわかなので、結成時のあれこれや、Jr時代の知識は、ちょこちょこ調べながらの〜という感じで、何を言っても叩かれそうなのですが!



ジャニーズWESTにハマったきっかけの一つは、確実に「曲」です。「ええじゃないか」「ズンドコパラダイス」くらいしか知らなかった私は、「この人たちは関西弁のわちゃわちゃした曲しか無いんだろうか?」という疑問というか、先入観のようなものがあったのですが、「go WESTよーいドン!」「ラッキィィィィィィィ7」を聞いてみて「私はとんでもないものに出会ってしまったのでは?」と、本当に、鳥肌が立ちました。


まず思ったのは、圧倒的に歌が上手いということ。桐山くん神山くんという二本柱を構えた上で、他のメンバーも歌唱力の平均値が異常に高いなぁと思いました。誰と比べて、どのグループと比べて、というわけではないですが、聞いた瞬間に「上手いな」と。


まだメンバーの詳しいプロフィールも全然わからないような状態で曲を聞いて、その時点でダントツ上手いと思ってた神山くんが、最新シングル「人生は素晴らしい」でメキメキソロパートを増やしていたこと、本当に嬉しかったです。


ジャニーズWESTについて話そうとすると、どうしても曲についてだらだら話してしまう癖があります。「こんなにもいい曲ばっかりなんやで?」「半端なく正統派アイドルだろ?」と。本当に良曲揃いなので積極的にアルバムを貸し出したい。ジャニーズWESTを全然知らない某お友達に、ジャニーズWESTの曲を聞かせたところ「今歌ってた人(桐山くん)上手い」と言ってたので、本当にガチで桐山くんは歌が上手いことが証明されてしまった…。嬉しい。


普段ジャニーズでは、関ジャニ∞、嵐、NEWS(「まだ恋を知らない君へ」めっちゃくちゃ最高…)、へいせいじゃんぷ、V6なんかをよく聞くのと(テレビを追うのもこのあたり)、ピンポイントにキスマイの「アイノビート」、TOKIOの「LOVE YOU ONLY」が好きです。

他にも、48グループや坂道シリーズ、アイマスみたいなアイドルの曲が大好きでよく聞きます。


それぞれに良さがあり、たまらん!と思うことばかりなのですが、特にジャニーズWESTの肩を持ってしまうというか、アゲアゲで推していこうという気持ちになってしまいます。


わかりやすく説明せえ!と言われると困ってしまうのですが、いくつか挙げるとしたら

◎桐山、神山、濱田の安定感

◎全員がラップを歌える

◎(最近この傾向が顕著?)上手いメンバーのパートをゴリゴリ増やす

◎関西弁の曲⇄それ以外の曲の振り幅

あたりですかね!もっと山ほどあるけど!


と、いいますか、「歌の上手さ」ってなんなんでしょうね!ここまで「ジャニーズWESTはみんな歌が上手いぞ!」と言ってきましたが、定義ができない!難しい!誰か教えてください!


私の謎の基準としてあるのが、曲中でフェイク的なものを入れる人は歌が上手い、というものです。イェーーーーーーみたいなやつとか、そういう、1人だけメロディーから大きく外れたところをポーンと歌えるのは、歌に強い人やと勝手に思っています。

Toxic Loveとか、迷宮SUMMERとか、Can′t stopとかにあらわれてるのでは?(思い込み)


しかもね!グループとして言うと、メロディーから外れたパートに歌が上手いメンバーを割くということは、必然的にメインパートが弱くなるということ!でも、それを差し引いてもメインパートがきっちり成り立つというのは、(例えば桐山がラスサビでメインパートから抜けるCan′t stopの場合)神山濱田を中心に、他のメンバーでもじゅうじゅうじゅうにぶんにメインパートが成り立つということ!強い!これは強い!強いで〜。


某声優の細谷さん的な人が自分のことを「クセがなく、お茶漬けのような声」って言ってたのがすごく印象深く残ってるんですが、ジャニーズWESTも基本的にクセがないというか、ガッチガチにクセが強いのは藤井流星さんだけやと勝手に思っております。最初は「重岡くんは『重岡大毅です!』って声やな〜」と思って仕方なかったんですが、実際聞いてるとそうでもない。ただめっちゃドキドキする。各それぞれのソロパートを聞くと、声が全然違って、それなりにクセがあるように感じるけど、サビとかハモりとかになると急に一本線になるイメージ。へいせいじゃんぷのサビとかまさにこれ。へいせいじゃんぷも、かなり、これ。



おたく特有の「喋りたいことを喋ってたら論点がどんどんずれていく」症状がでてきた。もうやめたい。

余力があれば、今後一回アルバム曲についてズラ〜っと書いてみたいものです。